ホーム > STAFFインタビュー > アシスタント 三浦(秋)

STFFインタビュー

「ダブルライセンス」で柔軟な技術を提供できる理容師

仕事の魅力・やりがいについて教えてください

カミソリを使うシェービングは理容師のみが行える技術で、美容師さんとの大きな違いの一つです。
女性理容師はこの技術を活かし、結婚式などの一大イベントや女性の肌をきれいにするお手伝いをすることができるので、大きな達成感や感動を体験することができます。
他にも、施術中の会話でたくさんのお客様のお話を聞くことができるので、大変勉強になりますし、毎日新鮮な気持ちで働くことができます。

自身のターニングポイントはいつでしたか?

小学生の時に「理容のひみつ」という本を読んでから理容師になりたいと思うようになりました。
理容師と美容師、二つの仕事内容ができるようになったらとてもカッコいいなと思い、両方の免許を取得しました。
理容師・美容師の免許を両方持つ「ダブルライセンス」は、双方の知識が身につき、提供できる技術が広がります。
お客様の要望を聞きながら、柔軟にサービスを提供することができるので、どんどんと活かしていきたいと思います。

これだけは!というアイテムを教えてください

主にカットに必要なはさみやコーム、シェービングに必要なレザーです。
特にはさみは髪の毛以外を切ったり床に落としてしまうと切れ味が悪くなったり、使えなくなってしまうことがあるので、とても大切に扱っています。